歴史小説

書籍レビュー

佇まいの美しい男(『小説 イタリア・ルネサンス4 再び、ヴェネツィア』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス4 再び、ヴェネツィア』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。ローマからヴェネツィアに帰ってきたマルコは、十人委員会の委員として職場復帰を果たす。…
書籍レビュー

心に従って人を愛す(『小説 イタリア・ルネサンス3 ローマ』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス3 ローマ』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。『黄金のローマ 法王庁殺人事件』改題。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。フィレンツェを出てローマにたどり着いたマルコ。…
書籍レビュー

激情に身をまかせた若者(『小説 イタリア・ルネサンス2 フィレンツェ』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス2 フィレンツェ』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。『銀色のフィレンツェ メディチ家殺人事件』改題。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。フィレンツェへ旅に出たマルコ。…
書籍レビュー

国の、人の、将来を想う(『小説 イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。『緋色のヴェネツィア 聖マルコ殺人事件』改題。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。舞台は16世紀前半のヴェネツィア共和国。…
タイトルとURLをコピーしました