書籍レビュー

本当に私を愛してくれる人(『柳橋物語・むかしも今も』山本周五郎/新潮文庫)

『柳橋物語・むかしも今も』(山本周五郎/新潮文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。本書は「柳橋物語」「むかしも今も」の2作を収録。…
書籍レビュー

弱者が強者に勝つ(『柳生忍法帖 上・下 山田風太郎ベストコレクション』山田風太郎/角川文庫)

『柳生忍法帖 上・下 山田風太郎ベストコレクション』(山田風太郎/角川文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。会津藩藩主・加藤明成の淫虐ぶりに加藤家を見限った家老・堀主水は、一族そろって藩を退転し高野山に入るも、明成の親衛隊・会津七本槍に捕らえられてしまう。
書籍レビュー

人生は映画(『銀ちゃんが、ゆく 蒲田行進曲完結篇』つかこうへい/角川文庫)

『銀ちゃんが、ゆく 蒲田行進曲完結篇』(つかこうへい/角川文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。物語は京都撮影所を見降ろす小高い丘の上にある古寺にて、銀ちゃんの葬儀が行われるところから始まる。…
書籍レビュー

傷つけ、傷つき、愛し合う(『蒲田行進曲』つかこうへい/角川文庫)

『蒲田行進曲』(つかこうへい/角川文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。京都のスタジオでは、映画『新撰組』の撮影が行われている。作中で土方歳三を演じるのは、今回が映画初主演となる銀ちゃんこと倉丘銀四郎。…
書籍レビュー

愛してはいけない女(『マノン・レスコー』アベ・プレヴォー:作、青柳瑞穂:訳/新潮文庫)

『マノン・レスコー』(アベ・プレヴォー:作、青柳瑞穂:訳/新潮文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。「私」は出先のパシーで娼婦たちを連行する一隊に出くわす。…
書籍レビュー

佇まいの美しい男(『小説 イタリア・ルネサンス4 再び、ヴェネツィア』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス4 再び、ヴェネツィア』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。ローマからヴェネツィアに帰ってきたマルコは、十人委員会の委員として職場復帰を果たす。…
書籍レビュー

心に従って人を愛す(『小説 イタリア・ルネサンス3 ローマ』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス3 ローマ』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。『黄金のローマ 法王庁殺人事件』改題。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。フィレンツェを出てローマにたどり着いたマルコ。…
書籍レビュー

激情に身をまかせた若者(『小説 イタリア・ルネサンス2 フィレンツェ』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス2 フィレンツェ』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。『銀色のフィレンツェ メディチ家殺人事件』改題。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。フィレンツェへ旅に出たマルコ。…
書籍レビュー

国の、人の、将来を想う(『小説 イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。『緋色のヴェネツィア 聖マルコ殺人事件』改題。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。舞台は16世紀前半のヴェネツィア共和国。…
書籍レビュー

自分にしか果たせない使命がある(『[新版]幽霊刑事』有栖川有栖/幻冬舎文庫)

『[新版]幽霊刑事』(有栖川有栖/幻冬舎文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。主人公の神崎達也は、巴東署刑事課捜査一係の刑事。同じ巴東署の刑事である森須磨子と付き合っている。…
タイトルとURLをコピーしました