考えさせられる

書籍レビュー

傷つけ、傷つき、愛し合う(『蒲田行進曲』つかこうへい/角川文庫)

『蒲田行進曲』(つかこうへい/角川文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。京都のスタジオでは、映画『新撰組』の撮影が行われている。作中で土方歳三を演じるのは、今回が映画初主演となる銀ちゃんこと倉丘銀四郎。…
2022.04.07
書籍レビュー

愛してはいけない女(『マノン・レスコー』アベ・プレヴォー:作、青柳瑞穂:訳/新潮文庫)

『マノン・レスコー』(アベ・プレヴォー:作、青柳瑞穂:訳/新潮文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。「私」は出先のパシーで娼婦たちを連行する一隊に出くわす。…
2022.03.24
書籍レビュー

佇まいの美しい男(『小説 イタリア・ルネサンス4 再び、ヴェネツィア』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス4 再び、ヴェネツィア』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。ローマからヴェネツィアに帰ってきたマルコは、十人委員会の委員として職場復帰を果たす。…
2022.03.14
書籍レビュー

心に従って人を愛す(『小説 イタリア・ルネサンス3 ローマ』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス3 ローマ』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。『黄金のローマ 法王庁殺人事件』改題。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。フィレンツェを出てローマにたどり着いたマルコ。…
2022.03.14
書籍レビュー

激情に身をまかせた若者(『小説 イタリア・ルネサンス2 フィレンツェ』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス2 フィレンツェ』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。『銀色のフィレンツェ メディチ家殺人事件』改題。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。フィレンツェへ旅に出たマルコ。…
2022.03.14
書籍レビュー

国の、人の、将来を想う(『小説 イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』塩野七生/新潮文庫)

『小説 イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』(塩野七生/新潮文庫)の書籍レビュー。『緋色のヴェネツィア 聖マルコ殺人事件』改題。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。舞台は16世紀前半のヴェネツィア共和国。…
2022.03.24
書籍レビュー

自らの人生の継承(『こころ』夏目漱石/新潮文庫)

『こころ』(夏目漱石/新潮文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。3部構成の本作。タイトルの通り「先生と私」の物語、「両親と私」の物語、「先生と遺書」の物語、という3つの場面に分かれている。…
2022.03.24
書籍レビュー

時代も文体もテーマも異なるバラエティ豊かな短編集(『戯作三昧・一塊の土』芥川龍之介/新潮文庫)

『戯作三昧・一塊の土』(芥川龍之介/新潮文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。「或日の大石内蔵之助」「戯作三昧」「開化の殺人」「枯野抄」「開化の良人」「舞踏会」「秋」「庭」「お富の貞操」「雛」「あばばばば」…
2022.03.14
書籍レビュー

各々の解釈を生み出す「語り」の仕掛け(『地獄変・偸盗』芥川龍之介/新潮文庫)

『地獄変・偸盗』(芥川龍之介/新潮文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。本書は“王朝もの”の6作品を収録。「偸盗」「地獄変」「竜」「往生絵巻」「薮の中」「六の宮の姫君」…
2022.03.14
書籍レビュー

大切なのは仕事?命?ブラック企業に入社した社員の選択(『逃げ出せなかった君へ』安藤祐介/角川書店)

『逃げ出せなかった君へ』(安藤祐介/角川書店)の書籍レビュー。のちに加筆修正のうえ『六畳間のピアノマン』と改題し文庫化。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。大友・夏野・村沢の3人が入社した会社は、完全なるブラック企業だった。…
2022.03.14
タイトルとURLをコピーしました