書籍レビュー

書籍レビュー

弱く愚かな人間を描いた幻想的な怪奇譚(『雨上がり月霞む夜』西條奈加/中央公論新社)

『雨上がり月霞む夜』(西條奈加/中央公論新社)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。…
書籍レビュー

シンデレラやかぐや姫の舞台が未来に(『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』三方行成/早川書房)

『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』(三方行成/早川書房)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。「地球灰かぶり姫」「竹取戦記」「スノーホワイト/ホワイトアウト」「〈サルベージャ〉VS甲殻機動隊」…
書籍レビュー

各々の解釈を生み出す「語り」の仕掛け(『地獄変・偸盗』芥川龍之介/新潮文庫)

『地獄変・偸盗』(芥川龍之介/新潮文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。本書は“王朝もの”の6作品を収録。「偸盗」「地獄変」「竜」「往生絵巻」「薮の中」「六の宮の姫君」…
書籍レビュー

不羈独立の光(『シラノ・ド・ベルジュラック』エドモン・ロスタン:作、辰野隆・鈴木信太郎:訳/岩波文庫)

『シラノ・ド・ベルジュラック』(エドモン・ロスタン:作、辰野隆・鈴木信太郎:訳/岩波文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。…
書籍レビュー

狂気を隠して社会に潜む殺人犯らの物語(『マーダーズ』長浦京/講談社)

『マーダーズ』(長浦京/講談社)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。本作の主人公は阿久津清春。…
書籍レビュー

大切なのは仕事?命?ブラック企業に入社した社員の選択(『逃げ出せなかった君へ』安藤祐介/角川書店)

『逃げ出せなかった君へ』(安藤祐介/角川書店)の書籍レビュー。のちに加筆修正のうえ『六畳間のピアノマン』と改題し文庫化。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。大友・夏野・村沢の3人が入社した会社は、完全なるブラック企業だった。…
書籍レビュー

生きる人間の複雑な心理(『羅生門・鼻』芥川龍之介/新潮文庫)

『羅生門・鼻』(芥川龍之介/新潮文庫)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。本書は“王朝もの”の8作品を収録。「羅生門」「鼻」「芋粥」「運」「袈裟と盛遠」「邪宗門」「好色」「俊寛」…
書籍レビュー

3LDKのマンションで認知症の父を介護。そこで起こる問題は?(『老父よ、帰れ』久坂部羊/朝日新聞出版)

『老父よ、帰れ』(久坂部羊/朝日新聞出版)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。45歳の好太郎は、認知症の専門家である宗田医師の講演を聞いて興奮していた。…
書籍レビュー

人の手が加わるからこそ料理や食事は温かい(『東京タワー・レストラン』神西亜樹/新潮文庫nex)

『東京タワー・レストラン』(神西亜樹/新潮文庫nex)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。ある日、匙足巧(通称・サジタリ)は奇妙な音で目を覚ます。彼はなぜかレストランのテラス席に座っていた。…
書籍レビュー

毛深さに悩む中2女子の変化の夏(『moja』吉田桃子/講談社)

『moja』(吉田桃子/講談社)の書籍レビュー。あらすじや感想・おすすめポイントなどを紹介。中学2年生の理沙は毛深いことがコンプレックス。私服は長袖長ズボンかロングスカート、制服のときはスカートの下に1年中タイツを履き、肌を隠している。…
タイトルとURLをコピーしました